色無地レンタル 色無地とは 絽(ろ) 単衣(ひとえ) 袷(あわせ) レンタルの流れ

品格と華やかさを兼ね備えた 色無地

色留袖 袷・単衣・絽)
生地全体を一色に染めて仕立てた式服で、紋を3つ以上いれれば訪問着より格上になります。 
一般に1つ紋を入れるのが多く、縫い紋を入れて略礼服として着る場合もあります。吉事には袋帯を使用しますが、黒の名古屋帯を使用する事によって凶事にも着用できます。通常、華やかな色は吉事に着用し、暗く沈んだ色は凶事に用いられます。帯揚げ・帯締めは訪問着と似た品を使用し、長襦袢は白又は色物を使用します。
袷(あわせ)単衣(ひとえ)絽(ろ)とは
袷 春・秋・冬季に着用する比較的厚手の生地に、胴裏、袖裏、裾回し等の裏地を付けて仕立てた着物の総称です。
重量感があって写真映えもしますから現代ではエアコン完備の屋内であれば盛夏であっても袷の利用がほとんどです。
単衣 基本的には袷と絽の中間期に当たる6月と9月に使用する着物ですが、やはりエアコンの普及で利用が減っております。表生地の素材そのものは袷とまったく同じものですが、裏地をすべて除いて仕立てますのでその分だけ軽くなります。見た目は袷と同じ品でも、裏地の無い分だけ軽薄な感じで着物の線は出にくくなる欠点があります。
帯や帯揚・帯締めその他の小物類も通常は袷と共通のものを使用します。
絽 盛夏の7月と8月に使用する着物ですが、屋外へ出ない場合はあまり着用されません。
絽とは布の織り方の一種で、縦・横の糸の本数を減らして隙を作り風通しを良くした布地の事です。
その薄手の生地を裏地を付けないで仕立てる事により軽量で涼しく着られる様にしたものです。
7月・8月の屋外チャペル結婚式・屋外パーティーには絽の着物がお勧めです。
只、記念写真の時は着物の地色が袷ほどはっきりと写らないので注意が必要です。
絽の着物に付ける帯・帯揚・帯締め・長襦袢は絽の着物専用のものになります。
重ね衿は使用しません。
袷・単衣・絽の着物の着用月は表の様になりますが、
エアコンの無い時代の決め事ですから、
エアコン完備の屋内での着用はその限りではありません。
現代では着用される着物の95%以上が袷と云っても良いでしょう。
着用月の目安
着物のTPO
着物は種類によって格付けが有り、それぞれの着物の着用にはTPOにより決まり事があります。
しかし、今ではこの仕来たり通りには着用されておりませんので明確なアドバイスは難しいのが現状です。
土地柄や個人の考え方もありますので、あくまで目安として参考にしてください。
着物
振り袖 留袖 色留袖 訪問着 色無地
衣装の説明ページをもっと見る